グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 >  ブログ >  熱中症について

熱中症について


熱中症について

こんにちはスタッフSです

熱中症とは??
体温が上がり体内の水分や塩分のバランスが崩れたり体温調節機能が働かず
体温の上昇、めまい、けいれん、頭痛などさまざま症状を起こす病気の事です。

Ⅰ度 現場での応急処置で対応できる軽症
  立ちくらみ、筋肉痛、筋肉の硬直、
  大量の発汗

Ⅱ度 病院への搬送が必要中等度
  頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐
  倦怠感、虚脱感

Ⅲ 入院して集中治療の必要のある重症
  意識障害、痙攣、手足の運動障害


起こりやすい時は?

*  気温が高く湿気も高い

*  風が弱く日差しが強い

*  照り返しが強い
   
*  気温は低いが湿度が高い

熱中症を予防するには?

※暑さを避ける 
外出時は日陰を歩く、帽子、日傘を使用
家の中では、ブラインド、すだれ等で直射日光を遮る。
扇風機、エアコンで温度、湿度管理

※服装を工夫
外からの熱吸収を抑え、体内の熱を逃す服装。
素材は綿、麻などが良く襟ぐりや袖口があいているデザインもおすすめです。

※こまめな水分補給
暑い日は気づかぬうちに体内の水分が失われているため、のどが渇く前からこまめな水分補給を…
ミネラル補給には麦茶がおすすめです

※暑さに備えた体作り
ウォーキングやランニングなどの運動で汗をかく習慣を身につける事も予防になります。

こんな人は要注意!!
*乳幼児
大人より新陳代謝が活発で体温が高く、
体外に汗を出す汗腺の発達が未熟のため体温のコントロールがうまくできないので、
外出時にはこまめな水分補給を

*高齢の方
暑さとのどの渇きを感じ難いため熱中症になりやすい。
加えて心機能や腎機能が低下していると症状が重くなりやすい。

*その他
運動に慣れていない運動の1年生、肥満の方、寝不足や疲れなどで体調不良の方
二日酔いや下痢などで体内の水分が減っている時も症状が起こりやすくなります

応急処置
涼しい環境にうつし、衣服を緩め冷却
水分と塩分の補給を💦💦

今年はコロナウイルスの影響で暑くなった今でもマスク手放せませんね。
例年以上に熱中症気を付けたいですね✨