グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 >  ブログ >  皮膚の真菌症

皮膚の真菌症


こんにちは、スタッフTです😊
今回は皮膚真菌症についてお話ししたいと思います🎀



皮膚真菌症は真菌(カビ)による皮膚感染症です。

浅在性皮膚真菌症…感染が角層部分(皮膚の1番表面)
・白癬 読み:はくせん 水虫のことです
・カンジダ症

深在性皮膚真菌症…角層より下の真皮から皮下組織さらに深い部分に及んだもの

に分類されます。


白癬(水虫)は皮膚糸状菌(白癬菌)が原因で、
感染した部位によって足白癬・爪白癬・股部白癬などに分類されます。


白癬治療の基本は抗真菌薬の外用です。
抗真菌薬は真菌の細胞壁に結合、または細胞壁の生合成を阻害することで増殖を抑制します。
爪白癬などは内服と併用する場合もあります。
白癬の診断は見た目ではわかりません、顕微鏡を用いて真菌(カビ)がいるかを確認します。


OTC薬(ドラッグストアで購入出来る一般用医薬品)を使用しても
症状が改善されず来院される患者さんがよくいらっしゃいます。
改善しない理由として医療用薬に比べ主成分の濃度が低い場合や、
外用量や外用期間が適切でない場合があります。
主成分以外に殺菌・消毒薬等が含まれている場合があり、
接触性皮膚炎(かぶれ)に注意する必要があります。
実際にかぶれを起こし受診される患者さんもいらっしゃいます。


白癬をはじめ皮膚真菌症はしつこく治りにくい病気です。
やまだ皮膚科クリニックでは抗真菌外用薬の使用にあたって、
正しい外用量・外用方法・外用期間を処方の際にスタッフが丁寧に説明いたしております。


感染予防のため清潔に保つことは大切ですが、
軽石・ナイロンタオルでの擦り過ぎには注意しましょう🙅‍♀️
乾燥し、湿疹の原因になります。
足の指の間でしたら、手の指で挟むようにして4往復擦るように洗うと効果的だそうです。

外用薬は入浴後に塗ってください🙆‍♀️✨
・入浴により皮膚に付着している汗や汚れ前回塗ったお薬を落とすことができ清潔が保たれている
・皮膚が潤っていると外用薬の吸収が良い



これからますます多くなる病気です☀️
先程もお伝えしましたが、しつこく治りにくい病気です。
もしかして…と思われる方は早めの受診をお勧めいたします😊