グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 >  ブログ >  色素性母斑

色素性母斑


色素性母斑とは…🤔ホクロのことです。

大きさも大小さまざまで、平らなものから盛り上がったもの、色も黒かったり茶色かったり、生まれつきからあるものあとで出現するものがあります。

色素性母斑は母斑細胞が表皮と真皮の境目もしくは真皮の中に存在して、メラニン色素を作り出すために、黒色や茶色に見えます。

ホクロを取りたい場合ですが、メスやパンチを使った手術をしてくり抜く方法とレーザーを使ってホクロ全体を焼き取る方法が一般的です。


ホクロができている場所によっては気になったり取りたい方がいらっしゃると思います。

ホクロがいつのまにかできて、次第に大きくなる、形状が左右非対称、色の濃淡がある、境界が不明瞭、傷ができて治らないなど場合は、悪性化の可能性があるため早めの受診をお勧めします。

ホクロの治療は大きさや良性か悪性によって様々な選択肢がありますので、気になる方はご相談下さい💁‍♀️