グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 >  ブログ >  ワキ汗治療

ワキ汗治療


こんにちは。山田です。

今日は腋窩多汗症について

腋窩多汗症(えきかたかんしょう)とはわきの下(腋窩)から汗が多く出る病気です。日本人では20人に1人以上(有病率5.8%)いるといわれ、日常生活でお困りの方は220万人いるといわれています。この多汗症、治療法として塩化アルミニウム塗布、制汗剤などがありますが、毎日塗らなくてはならず、かぶれを来すこともあります。

そこでおすすめなのがボトックス治療です。ボトックス治療とはボツリヌス・トキシンをワキの皮内に注射し、発汗を抑える方法です。2~3日ほどで効果があらわれ、4~9ヶ月効果が持続します。
つまり、4月に注射をしておけば10月いっぱいくらいまで持続するのでTシャツなどの汗じみを気にせずにこの夏を過ごすことができます!!
ボトックスのワキ汗治療のメリットは、何といっても手間がかからないことです。夏の間もケアもなしで汗の少ない快適な状態が続きます。

■ボトックス注射の副作用について
まれに、注射部位の痛み、赤み等があらわれることがありますが、一時的なことがほとんどです。当院では国内唯一の厚生労働認可を受けたボツリヌス毒素製剤アラガン社のボトックスビスタのみを使用しています。

★ワキ汗のボトックス治療は自費診療になります。
両ワキ料金 60000円(税別)

このような方におすすめです!
  • ワキに汗ジミができて人目が気になる
  • グレーなどワキ汗が目立つ色の服は好きでも着られない
  • ワキ汗で服がはりついてしまうため、
  • ゆったりしたデザインの服しか選べない
  • ワキ汗で周囲の目が気になって、学業や仕事に集中できない
  • ワキ汗でシャツを着替えることが多く、手間が大変
  • 白シャツや下着のワキの部分が黄ばんでしまって、
  • すぐに買い替えなければならない
  • 汗のにおいが周囲に不快感をあたえているのではないかと
  • 心配するあまり、人間関係がうまくいかない
  • ワキ汗が気になり、1日に何度も制汗剤を塗りなおす
  • ワキ汗パッドやタオルが手放せない
  • 緊張するとワキ汗が出はじめ、意識するともっと出る

気になる方はお気軽にご相談くださいね。