グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 >  ブログ >  日焼け止め

日焼け止め


こんにちはスタッフSです

紫外線量は4月から増え始めている為今からしっかり対策することが大切です。

特に5月からは夏の残暑が残る9月よりも紫外線が強いそうです。😰😰

紫外線は、波長の長さによって
UVA.、紫外線A波
UVB、紫外線B波
UVC、紫外線C波
の3つに分けられます。

UVCはオゾン層に吸収されるため
地表には届きません。
私達の肌に悪影響をもたらすのは
UVA、UVBの2つです。💢💢

地表に降り注ぐ紫外線の約9割を占めるのがUVA。

波長が長く、曇りや家の中、車のガラスも透過して肌に達するため「生活紫外線」と呼ばれています。

真皮層まで到達するためハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸をつくる線維芽細胞を傷つけてしまい
ます。

UVAを浴びると肌は、弾力を失いシワやたるみといった見ための印象を大きく左右する肌悩みを引き起こしてしまいます

波長の短いのがUVB
UVBは屋外での日焼け止の主な原因となるため「レジャー紫外線」とも呼ばれます。
真皮には達しませんが、
たくさん浴びてしまうとすぐに赤く炎症を引き起こし、ヤケドしたように肌を赤く、炎症させるサンバーンやメラニンをつくらせしみや色素沈着の原因になります。

また紫外線対策をすることは肌老化を防ぐだけではなく、皮膚がんを予防することにもつながります。

季節や天候にかかわらず、化粧水、乳液日焼け止めを塗る事は、毎日のスキンケアとして毎日の習慣にして下さい。💦

選ぶポイント
「UVーA」「UVーB」を遮断することが重要で日焼け止めに記載されているPASPF値を参考にして下さい。

PAは「+」の数で表され
「PA+」〜「PA++++」の4段階に分類されています。
+の数が多いほうが紫外線A派を防ぐ効果が高くなります。

SPFとは短時間で肌に赤みや炎症を起こさせ黒化になりやすい紫外線B波を防ぐ効果指数のことです。
1〜50+までの数値は、何も塗らない場合に比べてUVB波による炎症をどれ位長い時間防止できるかを表していて、数値が大きい方が防御効果が高いことを表しています。

日焼け止めは生活スタイルに応じ選んで使い分けることお勧めします。

当院ではお子さまや、敏感肌の方も使用していただける日焼け止め等各種取り揃えています。

気になるかたはご相談下さい🍀🍀