グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 >  ピコレーザー

ピコレーザー


浜松のシミ取り機器 ピコレーザー

ピコレーザーに対する院長の想い

ピコレーザー(シミ取り・ニキビ跡治療レーザー)ページへのご訪問ありがとうございます。浜松市に位置するやまだ皮膚科クリニック院長の山田知加です。当院では、浜松市で目立つ大きなシミを取りたい方や肝斑のある方、ニキビ跡・毛穴を改善したい方に対し、ピコレーザーを用いて治療しています。もちろん、シミの種類や患者様の肌の状態によっては、ピコレーザーを用いず、IPLやQスイッチレーザー、内服・外用で治療する選択をすることもございます。シミは治療を誤るとかえって悪化することがあります。当院では、診察・カウンセリングにて患者様の肌状態を丁寧に把握し、適切な治療方法をご提案いたします。治療についてやダウンタイムについて、費用についてなどお気軽にカウンセリングにてご質問いただければと思います。
浜松市でシミやニキビ跡でお悩みの方は、お気軽にやまだ皮膚科クリニックへお越しください。

こんなお悩みありませんか

  • 目立つ大きなシミを取りたい
  • 肝斑を改善したい
  • 目立つ毛穴やニキビ跡をなくしたい

上記のようなお悩みを抱えて、ご来院される方々が多くいらっしゃいます。やまだ皮膚科クリニックでは、様々なシミの種類や肌質、ニキビ跡の状態に対応するべく、人気のピコレーザーやQスイッチレーザー、IPLシミ取り光治療機器を揃えております。皆様のお肌の状態や理想の治療後のイメージ、ダウンタイムの許容期間、費用を踏まえた上で、最適な治療をおすすめいたします。各治療についてダウンタイムや痛みを知りたい方や気になっているシミ・ニキビ跡の最適な治療方法を知りたい方はお気軽に当院へご相談ください。

ピコレーザー(シミ取り・ニキビ治療機器)とは

当院は、最新シミ治療器であるピコレーザーの中でも特に高性能であるシネロン・キャンデラ社製 PicoWay(ピコウェイ) を導入しています。厚生労働省の薬事承認および米国食品医薬品局(FDA)の承認を受けている安全性の高いレーザーです。

ピコウェイは、従来機よりも早く安全にシミを消す革新的な最先端のレーザーで、現時点で世界最高レベルの切れ味を持つレーザーです。ダウンタイムが短く、短期間で効果を実感することができます。
従来のQスイッチレーザーは、照射時間がナノ秒(10億分の1秒)単位の治療ですがピコウェイレーザーは、照射時間がピコ秒(1兆分の1秒)単位という極めて短いパルス発振で色素粒子を破壊し分解することができます。
照射時間が極めて短いことで、熱発生がほとんどなく、皮膚へのダメージが少ないため痛みやダウンタイムが最小限に抑えられます。

ピコウエイは3つの照射モード(スポット・トーニング・フラクショナル)を組み合わせるコンビネーション治療が可能であり、幅広い肌悩みに対応可能です。

ピコレーザー治療の比較表

ピコスポット ピコトーニング ピコフラクショナル
目立つシミ
ニキビ跡
肝斑

ピコレーザー治療の種類

ピコスポット(目立つシミ取り治療)

浜松の皮膚科・美容皮膚科 やまだ皮膚科クリニックのピコスポット治療のイメージイラスト図

1.ピコスポットが適応するお悩み
  • 目立つシミ
  • 大きなシミ
  • レーザーフェイシャルやIPLシミ取り光治療で取り切れなかったシミ
2.ピコスポットのここがすごい
シミ、そばかすなどの気になる部分をスポットで照射します。光治療などでは難しい薄いシミにも対応できます。 Qスイッチよりも照射時間が短く熱をほとんど発生しないため、照射後のかさぶたは薄くて剥がれやすいです。
3.値段
施術名 料金
ピコスポット 1㎜ 1650 yen

ピコトーニング(肝斑・くすみ治療)

肝斑治療ピコトーニングの仕組みイメージイラスト図

1.こんな方におすすめ
  • 肝斑がある
  • くすみを改善したい
  • 顔全体のトーンを上げたい
2.ピコトーニングのここがすごい
従来のレーザートーニングの進化版です ピコレーザーを低出力で照射することで、メラニン色素を少しずつ分解・排出していきます 刺激で悪化しやすい肝斑の治療やお顔全体の色調をトーンアップし、高いブライトニング効果を発揮します。またお顔全体に照射するため肝斑だけでなく、肌のハリや毛穴、くすみ色素沈着の改善も期待できます。
3.値段
施術名 料金
ピコトーニング(両頬) 初回お試し 16500 yen
1回目 18000 yen
5回コース 70000 yen
ピコトーニング(全顔) 初回お試し 20000 yen
1回目 25000 yen
5回コース 100000 yen

ピコフラクショナル(ニキビ跡・毛穴治療)

ピコフラクショナルの仕組みイラスト図①

ピコフラクショナルレーザーで皮膚に細かい空洞を開けていきます。

ピコフラクショナルの仕組みイラスト図②

人間の再生能力により、肌内でコラーゲン増殖が活性化され、エラスチンが再生されます。

ピコフラクショナルの仕組みイラスト図③

結果、皮膚細胞が再生され、ニキビ跡・毛穴の開きが改善されます。
1.こんな方におすすめ
  • シミ、くすみが気になる
  • そばかすが気になる
  • 肝斑を心配なく治療したい
  • 肌質を改善してワントーン明るくしたい
  • 毛穴を改善したい
2.ピコフラクショナルのここがすごい
ピコウェイは皮膚のダメージを最小限に抑えることができるため、同日に(スポット・トーニング・フラクショナル)を組み合わせるコンビネーション治療が可能であり、幅広い肌悩みに対応可能です
トーニング・フラクショナルを組み合わせた「ピコダブル」はシミを消すだけではなく、薄い肝斑など肌のくすみを除去し、将来のシミ出現を予防してくれます。また、トーンアップだけではなく、肌にハリを出してくれます。
3.値段
施術名 料金
ピコフラクショナル
(鼻)(こめかみ)(顎)
初回お試し 15840 yen
1回目 19800 yen
3回コース 53460 yen
5回コース 79200 yen
ピコフラクショナル
(鼻頬)(額)(顎・フェイスライン)
初回お試し 22000 yen
1回目 28000 yen
3回コース 75600 yen
5回コース110000 yen
ピコフラクショナル
(全顔)
初回お試し28000 yen
1回目 35000 yen
3回コース 94500 yen
5回コース 142500 yen

ピコレーザー治療の注意点・副作用

・当日~シャワー・入浴・化粧OKです。
・レーザー照射後、赤みの出ることがありますが、一時的で1~数日で改善します。
・レーザー前後の保湿・紫外線対策はしっかりとしてください。
・痛みは輪ゴムで弾かれた様な痛みです。特に痛みが心配な方は麻酔のご準備もありますのでご相談ください。

・ピコスポット 薄いかさぶたが気になる方には1~2週間 テープ保護をして頂きます
・ピコトーニング  発赤 色素脱出 かゆみ 発疹が起こるリスクがあります
・ピコフラクショナル 発赤 腫れ 点状出血のリスクがあります
※ピコショットは1、2回の治療で効果が感じられますが、トーニン・フラクショナルは効果が得られるまで数回かかります

ピコレーザー治療の料金表

施術名 料金
ピコスポット 1mm 1650 yen
ピコトーニング(両頬) 初回お試し 16500 yen
1回目 18000 yen
5回コース 70000 yen
ピコトーニング(全顔) 初回お試し 20000 yen
1回目 25000 yen
5回コース 100000 yen
ピコフラクショナル
(鼻)(こめかみ)(顎)
初回お試し 15840 yen
1回目19800 yen
3回コース 53460 yen
5回コース 79200 yen
ピコフラクショナル
(鼻頬)(額)(顎・フェイスライン)
初回お試し 22000 yen
1回目 28000 yen
3回コース 75600 yen
5回コース110000 yen
ピコフラクショナル
(全顔)
初回お試し28000 yen
1回目 35000 yen
3回コース 94500 yen
5回コース 142500 yen
ピコダブル(両頬) 初回お試し38000 yen
1回目 48800 yen
3回コース 129600 yen
5回コース 190000 yen
ピコダブル(全顔) 初回お試し 43000 yen
1回目 54000 yen
3回コース 145800 yen
5回コース 215000 yen

よくある質問

Q:痛みはありますか。

お肌の表面を輪ゴムで弾かれたようなバチンバチンとした痛みはありますが、ほとんどの方が耐えれる程度です。痛みに敏感な方は麻酔クリームを使用してから照射を行います。

Q:どのくらいの期間で効果を実感することができますか?

ピコショットは1,2回で効果を感じられますが、トーニングやフラクショナルレーザーは数回受けていただく必要があります。

Q:ダウンタイムはどれくらいですか。

トーニング(肝斑治療)では、 ほとんどダウンタイムはありません。
スポットの照射(ピンポイントのシミ治療)では、 2週間程度のダウンタイムとなっております。
フラクショナル照射は直後に少し赤みが出る方もいますが1〜3日でおさまります。
※個人差あり

Q:治療後に気を付けることはありますか。

シミが取りきれたとしても、紫外線対策を行わなければ再発してしまう可能性もあります。日差しが強くない日でも、日焼け止めクリームの使用をおすすめしております。