グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 >  診療案内 >  美容皮膚科 >  酒さ・赤ら顔

酒さ・赤ら顔


酒さ・赤ら顔とは

酒さとは、顔の中心(鼻、頬、顎など)に紅斑(赤み)毛細血管拡張、ニキビのようなブツブツが生じ、ほてりなどの自覚症状を伴う慢性の皮膚疾患です。
痒みはそれほどないことが多いのですが見た目の赤さからお悩みの患者様は多くいらっしゃいます。
【酒さの原因】
原因ははっきりしていませんが、遺伝的な体質に下記が加わり発症するのではないかと考えられています。
  • 肌質(敏感肌)
  • 間違ったスキンケア(過度の摩擦・過剰の塗布)
  • 紫外線
  • 寒さや暑さ等、温熱による刺激
  • 香辛料
  • お酒
  • 喫煙
  • ホルモンバランスの異常
  • ニキビダニ

 

当院での治療法

まずは、紫外線、辛い食べ物、精神的ストレス、といった酒さを悪化させる習慣を避け、塗り薬と飲み薬、保湿、スキンケアの見直し、日焼け止めなどを組み合わせて治療開始します。
無効の場合は メトロニダゾールという抗菌薬、アゼライン酸という炎症を抑える薬を使用します。この2剤は欧米では酒さの治療法として推奨されているのですが、日本では保険適応外となるため自費診療になります。
また、血管の開きや赤みに有効な光治療(ICON)を組み合わせるのも有効です。