グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 >  診療案内 >  皮膚科 >  にきび

にきび


にきびとは

にきびは90%以上の人が経験する身近な病気です。特に思春期にできることが多いため、「青春のシンボル」などと考えられがちですが、炎症がひどいと痕が残ることもあり、患者さんにとっては大きな苦痛です。
ニキビは尋常性ざ瘡と言われ、毛包(毛穴)に皮脂が詰まって面皰(めんぽう:白ニキビ・黒ニキビ)や紅色丘疹(こうしょくきゅうしん:赤ニキビ)・膿疱(のうほう:膿をもったニキビ)ができる皮膚の病気です。
皮脂の分泌が活発になるとともに、毛穴周辺の角層が厚くなって毛穴が詰まると皮脂がうまく排出されずニキビができます。顔意外にも胸、肩、背中にもできます。特に大人では間違ったスキンケアでにきびが悪化することもあります。治療せず強い炎症の後には、凸凹した瘢痕(はんこん:ニキビ痕)を残すことがあります。瘢痕になってしまうと元に戻すのはなかなか難しいです。正しい知識を身につけて、早期の治療を心がけてください。 
 

■ニキビの原因は?

  • 男性ホルモンの作用による皮脂分泌の増加
  • アクネ菌の毛穴での増殖
  • 毛穴における皮膚の異常な増殖と角化
  • 毛穴の炎症

当院の治療方針

日本皮膚科学会ガイドラインに沿って皮膚の状態を見ながら治療を選択します。
効果的な外用剤がありますが治療の効果が感じられるまでには時間を要します。すぐに効果が出なくても悪化させてニキビ痕を残さないために、根気よく治療を続けましょう。ニキビのサイクルや体質に応じて漢方薬を併用することもあります。一番問題となるニキビ痕を残さないためには、適切な治療とスキンケアが重要です。
メイクやスキンケアについてもアドバイスさせて頂きます。