グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 >  診療案内 >  皮膚科 >  水いぼ

水いぼ


水いぼとは

水いぼは専門用語では伝染性軟属腫といいます。
小さな外傷や毛穴から接触感染し、また掻くことにより周囲の皮膚へ拡がっていきます。見た目は表面がツルツルとした数ミリのドーム状の盛り上がりで中央が凹んでいるのが特徴です。
水いぼの治療に関しては、専門家の間でも意見の別れるところです。
ピンセットで水いぼをつまむと、中央の凹んだ部分から小さな白い塊が出てきます。これが「水いぼとり」と呼ばれる最も確実な治療法です。
他に液体窒素による冷凍凝固療法を行うこともあります。
ただしこちらは治療後に色素沈着を残すことが多いです。
いずれも有効な治療法なのですが、痛みや精神的苦痛を強いる治療法であることが欠点です。基本的には自然消退するので、時間は少しかかっても経過観察する、という方針もあります。
当クリニックでは親御さんと相談し、ご希望に応じて柔軟に治療法を決定します。
ピンセットでの除去をご希望の方は痛み緩和のためあらかじめ、小児でも安心して使用できる麻酔薬のテープをお渡しします。