グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 >  診療案内 >  皮膚科 >  じんましん

じんましん


じんましんとは

突然、赤みと痒みを持った、小さな皮膚のふくらみができ、数時間で出たり引いたりを繰り返す病気です。じんましんは、症状の続く期間によって急性(症状が1ヶ月以内に治まるもの)と慢性(症状が1ヶ月異常続くもの)に分けられます。特定の刺激によらず症状が現れる特発性じんまし んが大半をしめますがウイルス感染(感冒、ウイルス性腸炎、発熱など)、薬剤、食べ物アレル ギー、物理的刺激、日光、体温気温などが原因となる場合もあります。

原因は?
蕁麻疹のほとんどは食べ物のようなアレルゲンなどの原因・誘因なく出現する「特発性蕁麻疹」です。
治療は?
明らかな原因がはっきりしている場合はその因子を避けることが必要になります。一方、原因がわからず症状の出る特発性蕁麻疹では抗ヒスタミン薬の内服が必要です。外用薬はほとんど効果がありませんので内服薬を根気強く続けることが大切です。

気をつけることは?
皮膚の症状出現の原因がはっきりしないことが多い反面、いろいろな因子により皮膚症状が良くなったり悪くなったりすることがあります。生活面では規則正しい睡眠・休養を心がけ身体ともにストレスのない生活を送ることが大切です。
飲み薬もすぐに止めるのではなく一定期間は内服したほうがその後の経過も良いと言われています。飲み薬が切れた後も自己判断で中止せずその後の内服継続必要性について受診いただくことをお勧めします。

治療法

抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬という内服薬で治療します。効果が出ない場合はお薬を変更し たり量を増やしていきます。 症状が軽くなってきたらお薬を減量していきますが急にやめずあせらず気長に治療することが大切です。